2006年11月15日

C++/CLIでのループ処理

繰り返して処理をしないといけないときに以下の方法で処理をMainLoopに書いておけば絶えず処理が行われるようになる

// フォームとメインサンプルクラスを作成
MainForm^ frm = gcnew MainForm();
MainSample^ sample = gcnew MainSample();

// アプリケーションの初期化
if (sample->InitializeApplication(frm))
{
// メインフォームを表示
frm->Show();

// フォームが作成されている間はループし続ける
while (frm->IsDisposed == false)
{
// メインループ処理を行う
sample->MainLoop();

// Waitを入れる
Thread::Sleep(1);

// イベントがある場合はその処理する
Application::DoEvents();
}
}

posted by yaoe at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。